スポンサーリンク

fitbit Charge2を使ってみたレビュー・口コミ

スマートウォッチ

こんにちは。FITBIT Charge 2 Sサイズというスマートウォッチ(リストバンド型)を購入しました。使ってみたので、製品の紹介とレビューをしたいと思います。

 

今回買った商品はこちら↓↓

男性はLサイズを・・・。
現在は、後続モデルFITBIT Fitbit Charge3も登場しています!
他社のスマートウォッチもまとめて比較した記事はこちら↓
https://b-fitness.net/wearable-watch-hikaku
スポンサーリンク

fitbit他機種と比べた特徴

fitbitからは現在6種類のスマートウォッチ(時計型2種、リストバンド型4種)が発売されています。ここでは、FITBIT Charge 2の特徴を他機種と比較してみたいと思います。

※各商品名をクリックすると販売先に飛びます。

活動量計 防水 GPS接続 心拍計 バッテリー 睡眠記録※ 価格(楽天)
Versa

時計型

5気圧 4日~ 29,048円
iONIC

時計型

5気圧 5日 30,729円
Charge2

バンド型

✕(防滴) △:スマホ接続 5日 17,418円
Alta

バンド型

✕(防滴) 7日 16,969円
Flex2

バンド型

5気圧 5日 11,259円
Ace キッズ専用

バンド型

✕(防滴) 5日 10,767円

※睡眠記録…
◎:睡眠記録とサイレントアラーム(バイブ機能)+睡眠ステージ(浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠)の測定が可能。
◯:睡眠記録とサイレントアラーム(バイブ機能)のみ。

心拍数を測定するAlta HRの下位機種としてAltaがありましたが、今は殆ど販売されていません。

 

さて、表をご覧いただくと、上から2種は時計型のスマートウォッチ、下の4種はリストバンド型のスマートウォッチであることがわかります。

そんな中、Alta比べると、電池持続時間こそAltaが2日間ほどが優位に立っていますが、Charge2の方が、

1)スマホと連携させればGPS計測も可能

2)睡眠ステージ(浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠)の測定が可能

という点において勝っていると思いますので、Altaとは数百円の差ですし、かといってFlex2を利用すると、のちのち物足りなくなってくると思いますので、fitbitを購入するなら私はCharge2をおすすめします。

※時計型を検討する場合はVersaがおすすめです。

 

詳しい比較検討はこちらの記事にも載せてあります。↓↓

人気のおすすめスマートウォッチ・ウェアラブル端末徹底比較!
前回の投稿では、初心者がフルマラソンまで走れるランニングウォッチの紹介・比較をしました。 今回は、日々の健康管理からランニング、サイクリンなどのスポーツシーン、通話受信、メールチェックまで幅広く使える「ウェアラブル端末...

 

それでは、Charge2の主な機能を見ていきたいと思います。

主な機能

一日のアクティビティを記録

絶対値ではなく推移を参考にしよう:◯

図は、私のアクティビティの記録です。

を身に着けたままCharge2生活・運動をし、fitbit専用アプリを開くと、図のように、歩いた歩数、距離、カロリー、時間を自動で計算し、表示してくれます。

距離計算の仕組みは以下の引用のとおりです。

Fitbit デバイスは歩いた歩数に歩幅をかけて、またランニング歩数にランニング歩幅をかけて距離を計算します。 初期設定では、身長と性別データを利用して歩幅を計算します。 Fitbit Blaze、Fitbit Charge 2、Fitbit Ionic、Fitbit Versa で GPS を使用して 1 回以上ランニングを記録した場合には、そのデータからランニングの歩幅が自動的に更新されます。 最良の結果を出すために、快適なペースで最低 10 分間走ってください。

「Fitbit デバイス用に、歩幅を測り調整するにはどうすればよいですか? 」

https://help.fitbit.com/articles/ja/Help_article/1135

 

私自身、GPS内蔵ウォッチEPSON J-300WCharge2の誤差を比較してみました。

 

1回目のランニングでは、EPSON J-300Wでは9km走ったはずがCharge2では11kmと表示され、かなりズレが生じたのですが、スマホと同期したところ、EPSON J-300Wでの4.2kmはcharge2では4.3kmと表示され、ほぼ正確な数字となりました。

また、歩数の計測に関しては、EPSON J-300WよりCharge2のほうが200~300歩多くなることもあるのですが、一日トータルすると同じくらいになっている不思議^^;

EPSON J-300Wを左腕、Charge2を右腕に着けて試しているので、そのせいかもしれません。

厳しく正確性をもとめるというよりは、日々の「記録の推移」を参考にして健康づくりに役立てる、というスタンスが良いと思います。

自動睡眠記録と睡眠ステージの測定

ためになる:◎

このように、レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠…などと自分の睡眠の質がわかって面白いです。

起床時間には、バイブレーションによるアラームで優しく起床を促してくれます。

 

ランニングしてみた

多少のストレスはある:△

  

ランニング画面を開き、左脇のボタンを長押しすると、ストップウォッチが作動し、記録が始まります。このあたりはシンプルで良いのですが、問題は液晶です。

 

もともとコンパクトなのが売りのリストバンド型スマートウォッチCharge2なので、そもそも文字が小さいです。さらに、直射日光が強い日や、サングラス越しではとても見づらかったりします。ランニングウォッチとして、EPSONと比べてしまうと勝ち目はありません。。。

 

時計はあくまでも目安」、「あとで記録を閲覧するためのもの」と割り切りましょう。

 

そのほかのトレーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、ランニング/リフティング/トレッドミル/ワークアウト/クロストレーナー/自転車/インターバルトレーニング…と多種多様なフィットネスに対応しています。

 

さらに、「リラックス」という呼吸を整えることを促す機能も備わっています。

 

 

 

 

 

バンドが交換できる

fitbitの楽しみとして、バンドの着せ替えがあります。

バンドは主にAmazonで様々購入することができます。

使ってみた感想

まず、コンパクトで手首によく馴染むので気に入りました。
まだ交換用バンドは購入せずに、デフォルトの黒いバンドを着けてますが、違和感ないです。
手首を回転させると時計がライトアップしたり、デスクワークを続けていると、バイブで「そろそろ250歩歩きましょう」とか、友達が一人増えた気分です。笑

画面の見づらさがあったりするので、マラソン完走用には不向きだと思いますが、健康づくり、ストレス解消のためのフィットネス用としては、申し分ないと思います。

はじめてのスマートウォッチはCharge2。いい選択肢だと思います(^^)

後続モデルが出ました!

 

※家でもトレーニングできる、話題のパーソナルトレーニングアプリ「FiNCプレミアム」はこちら↓2週間無料体験OK!

コメント