スポンサーリンク

自宅で簡単フィットネス!「LEAN BODY(リーンボディ)」の評判、口コミ、メリット・デメリット(体験~入会~退会・解約まで)

家トレーニング

こんにちは、MANA(@manaspo12)です。

 

皆さんは、「LEAN BODY(リーンボディ)」という名前、聞いたことありますか?

 

まだあまり馴染みがないかもしれませんが、実はこれ、最近急成長中家でできるフィットネス動画を配信するサービスなのです。

 

どんなものか、まずは動画を御覧ください。

 

150本以上の動画でフィットネスができて、今なら30日無料!!と、とてもお得なキャンペーン中なのですが、このLEAN BODYとは一体何なのか、どういう内容で、どんなメリットが有るのか…など、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

LEAN BODYとは

LEAN BODYとは、フィットネス動画を配信するサービスです。

 

PCでもスマホでもタブレットでも、どの媒体でも簡単にブラウザからLEAN BODYにアクセスすることができます。(アプリ版はありません。

 

サイトにアクセスし、閲覧したいフィットネス動画を選択すれば、もうそこから今いる空間があなただけのフィットネススタジオになるのです。

LEAN BODY詳細はこちら↓

 

現時点で、ストレッチや、ピラティス、ヨガ、ダンスや、ボクササイズなど、23テーマのフィットネス動画を閲覧、取り組むことが出来ますが、扱っているフィットネス動画は日々、増え続けており、レッスンのマンネリ化を防いでいます。

 

一つのテーマの中には、主に5~10分程度でできるレッスンがいくつも掲載されており、時間や都合に応じて、好きなものを連続、または、細切れで行うことにより、運動の量・強度を自分でコントロールすることが出来ます。

 

~(例)ballefiitの場合~

上記のように、5~10分程度のレッスンがいくつも掲載されています。

 

LEAN BODYの始め方

会員登録

LEAN BODYでレッスンを始めるには、以下のバナーから会員登録をします。

 

 

バナーをタップすると、登録画面に進みます。

1)最初の表示(メールアドレスの登録)

Facebookアカウント、または、メールアドレスを使って会員登録をします。

 

2)クレジットカード情報登録

月会費を払うためのクレジットカードの登録です。

 

診断テストに答える

会員登録が完了すると、3つの診断テストが表示されます。

 

 

 

診断テストの答えに応じて、以下の赤枠線のように、「おすすめのレッスン」を紹介してくれたりします。

これでレッスン受講の準備は完了です。

LEAN BODYの退会方法

簡単に始められるLEAN BODYですが、予め止めるときのことも知っておきたいですよね。

LEAN BODYの退会は全く難しくありません。

赤枠で囲ったとおり、メニューバーの「マイアカウント」を選択し、出てきたページを一番下までスクロールすれば「退会する」ボタンが現れます。

このボタンを押せば、退会完了です。

 

無料体験期間中でも、いつでも退会は可能なので、あれこれ悩まずまずは気軽に無料体験をしてみると良いかな、と思います。

LEAN BODY詳細はこちら↓

LEAN BODYの特徴

ここからは、LEAN BODYの特徴(メリットやデメリット)に迫ってみたいと思います。

LEAN BODYのメリット

【メリット①】自宅でいつでも簡単にできる

冒頭から述べていますが、LEAN BODYは、アカウントを作成してウェブサイトを開くだけで、簡単にフィットネス動画にアクセスすることができます。

 

PCで見てもよし、スマホやタブレットでもよし。

 

起床後やお風呂の前など、自分にあったスタイルで生活の一部にして取り入れると長く続けやすいと思います。

 

 

【メリット②】必要な道具はヨガマットとスマホスタンドくらい

LEAN BODYのレッスンは、ストレッチや、ヨガ、ピラティス、ダンスや、ボクササイズ…と多岐にわたりますが、そのほとんどが、用具を必要としないか、必要としてもヨガマットのみ、という手軽さを兼ね備えています。

 

それと、もう一つ忘れちゃいけないこと。

スマホスタンドです。

パソコンの場合は自立しますが、タブレットやスマートフォンでフィットネス動画を閲覧する場合には、機器を立てて閲覧できるよう、ケースやスタンドは必要ですね。

こんな感じでしょうか。

とにかく、初期投資がほぼ無いのは、嬉しいポイントですね。

 

【メリット③】価格が安い

まず、最初の30日無料は、お得であること間違いないですが、その後の月会費は1,480円(+税)となります。

 

この価格は安いのか?それとも高いのか?

 

他のサービスと比べてみました。

 

■フィットネスクラブ・ヨガスタジオとLEAN BODYを比べた場合

体験料金 入会金 月会費
LEAN BODY 0円/30日間 0円 1,480円+税
フィットネスクラブorヨガスタジオ 500~2,000円/1回 0~10,000円 7,000~13,000円

 

まず、フィットネスクラブとLEAN BODYを比較すると、圧倒的に安いです。

女性は特に、マシンジムよりもスタジオエクササイズを目的にジムに通う方も多いので、好きなときに好きなだけスタジオエクササイズと同等のレッスンが受けられるLEAN BODYは、圧倒的にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

 

FiNCプレミアムLEAN BODYを比べた場合

FiNCプレミアムは、月額制のフィットネスアプリで、日々の体調管理+エクササイズ動画の閲覧ができるサービスです。

※FiNCプレミアム紹介記事はこちら

家がパーソナルトレーニングジムになる!?【FiNCプレミアム】がすごい。
今日はこれは使える!と思ったサービス「FiNCプレミアム」について紹介します。 株式会社FiNCが提供するサービスには主に3つほどあります。 1)FiNCFitボディデザインブログラム 2)FiNC(フィンク)ダイエッ...

 

体験料金 月会費 専門家相談・ジム優待 エクササイズの選びやすさ
LEAN BODY 0円×7日間 1,480+税 ×
FiNCプレミアム 0円×2週間 907円(税込980円)

FiNCプレミアムには、専門家に栄養やトレーニングについて相談できるサービスや、ジム利用優待券などの付加価値があるため、一概にLEAN BODYと比べたときの「良い・悪い」を比較するのは難しいのですが、私が注目するのは【フィットネスの選びやすさ、行いやすさ】です。

 

FiNCプレミアムは、毎日様々な情報がタイムラインに流れては消えていってしまうのに対して、LEAN BODYストックされた動画を選んで閲覧、実施するので、動画を選ぶのに苦労せず、使いやすいな、と私は思います。

LEAN BODY詳細はこちら↓

■You TubeとLEAN BODYを比べた場合

体験料金 月会費
LEAN BODY 0円×7日間 1,480円+税
You Tube 0円 0円

 

これをみると、LEAN BODYの最大のライバルは、無料動画を配信するyou tubeと言えるでしょうか?

安さで比べると、You Tubeに軍配があがるのは確かです。一方で、アクセシビリティや使いやすさはどうか。

これは次のメリット④の項目で詳しく述べます。

【メリット④】良質な動画にアクセスしやすい

前項目で、You TubeとLEAN BODYについて比べました。安さにおいて軍配が上がったのはYou Tube。一方で、アクセシビリティや使いやすさはどうでしょうか?

 

以下の図はYou Tubeで「ヨガ レッスン」を検索した画像です。

たくさんの動画が出てきました。

 

一方、LEAN BODYのトップページは以下のとおりです。

 

一番の違いは「まとめ方」

You Tubeは、人気のある動画が上位に来るようになっていますが、玉石混交。

「自分にピッタリ」の動画がスグには見つからない場合があります。

 

一方のLEAN BODYは、「おすすめのレッスン」「5分でできるレッスン」「10分でできるレッスン」「体幹トレーニング」・・・などと、自分の関心に応じて閲覧しやすいように動画がまとめられており、見たい動画にアクセスしやすくなっています

 

また、LEAN BODY人気のある有名インストラクターのレッスンに特化しているので、インストラクターの「質」にも違いを感じるかもしれません。

 

 

さて、ここまでLEAN BODYのメリットを述べてきましたが、デメリットもあるでしょうか?

以下の項目でまとめました。

LEAN BODYのデメリット

【デメリット①】自宅で受講するため、3日坊主の心配がある

LEAN BODYの最大の敵。

それは、3日坊主です。

パーソナルトレーニングジムであれば、マンツーマンで予約制。行かざるを得ません。

普通のフィットネスクラブの会員であれば、多少やる気が出なくても、行ってしまえば、トレーニングするしかありません。

しかし、LEAN BODYは自宅なので、完全に自分のモチベーションに左右されてしまいます。

 

どうすれば、無理なく継続できるでしょうか?

 

心理学的には、「今日はやろうか、やめようか、どうしようかな~~~」と考えてしまうことで脳が疲れてしまうため、それ自体が3日坊主の元のようです。

LEAN BODYに置き換えれば、

・朝起きたら必ずヨガを15分やる!迷う余地なし!

・夜、シャワーの前に筋トレする。ヨガマットも敷いてあるし考える余地なし!

という状態を作り、考える余地なく自分の生活に浸透させられれば、継続が楽になります。

そのあたりのことは、この本が参考になりました。

もしよければ、参考にしてみてくださいね。

【デメリット②】自宅にトレーニングスペースが必要

自宅でLEAN BODYをするにはどうしてもスペースが必要です。

スペースにも2つあって、

・物理的なスペース

・心理的なスペース

の2つが必要です。

 

「デメリット」と書きましたが、物理的なスペースのクリアは割と簡単で、ヨガマット1枚分のスペースさえ確保できればLEAN BODYのレッスンは受講できます。

そのあたりも気を配って作られている点がLEAN BODYは良いですね。

 

一方の心理的なスペースはやや課題です。

たとえばアパートで一人暮らしの場合、1Kアパートでもヨガマット1枚分くらいのスペース自体の確保はなんとかなるものですが、2階に住んでいる場合、ボクササイズのようなやや激しい運動は迷惑がかるかもしれません。

 

また、一人暮らしでない場合、同居している親や旦那様、お子様の理解がなければエクササイズすることが出来ません。

一人の時間にこっそりできればいいですが、そうでない場合は、きちんと話して理解して貰う必要がありますね。

 

まあでも、よほど激しく動くのでなければ数分間の運動は理解してもらえると思います。

うまく行けば一緒にヨガやエクササイズ!なんていう共通の趣味にも発展するかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?
ここまで、LEAN BODYが提供するフィットネス動画サービスについて、まとめました。

フィットネスを日常化することで、シェイプアップが見込めるだけでなく、体力が付き、生活に張りも生まれます。

ぜひ皆さんもLEAN BODYを使ったフィットネスをスタートさせてみてくださいね(^^)