スポンサーリンク

【ランニング時の日焼け対策】おすすめ日焼け止め商品(ジェルやスプレー、飲む日焼け止めなど)を紹介!

Run&Walk

こんにちは、mana(@manaspo12)です。

夏はもちろん、暑さの残る秋にかけて、紫外線の強い日々が続きますね。

 

日常的に外でウォーキングやランニングを行う方々にとって、しみ・そばかすを防ぐためにも、身体にダメージを残さないためにも、日焼け対策は重要です。

 

この記事では、ウォーキングやランニング時の日焼け対策に適した、日焼け止めクリーム、ジェル、スプレーや、話題の「飲む日焼け止め」を紹介していきます。

スポンサーリンク

紫外線(UV)の種類

「人の肌は、紫外線によって日焼けする」

 

これは、誰もがなんとなく知っている知識かと思います。

 

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギー の 高い光を指し、人の肌に様々な影響を与えます。

 

よく使う「UV」とは、紫外線を英語で表した「ultraviolet」の略で、紫外線(UV)には、UV-A・UV-B・UV-Cの3種類があります。

 

UV-Aは、窓ガラスや雲も通して皮膚の内部(真皮層)に作用する紫外線で、浴び続けると、皮膚の弾性を失わせ老化を促進させます。また、UV-Bによって、皮膚が赤くなりしばらくした後、肌が黒くなるのはUV-Aの効果です。

 

UV-Bは、皮膚の表面(表皮層)に作用し、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取ります。

結果として、皮膚が炎症を起こして赤くなったり、しみやそばかすができます。いわゆる「日焼け」です。

また、UV-Bは、UV-Aの600~1000倍近く有害な紫外線で、「皮膚がん」や、「白内障」、「免疫低下」の原因にもなります。

 

UV-Cは、非常に有害な紫外線ですが、オゾン層を通過しないため、通常は人の肌への影響はありません。

 

一般的に私達が使用する日焼け止め商品(クリームやジェルなど)は、このUV-AやUV-Bをブロックするためのものです。

日焼け止めの機能

日焼け止めにはUV-Aをブロックする機能(PA)と、UV-Bをブロックする機能(SPF)の2種類があります。

 

PA(Protection Grade of UVA)

PAとは、UV-Aのをブロックする効果の強さを+の数で示したもので、下の表のように「+」~「++++」の4段階あります。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

 

この写真は、窓越しに28年間、顔の片側だけ紫外線を浴び続けたタクシードライバーの写真です(ウィキペディア)。皮膚のダメージの差がくっきりと現れています。

 

 

UV-Aは、窓だけでなく、雲も通して皮膚の内部に届くため、「曇っているから日焼け止め無しでランニングしても良い」上と油断して過ごしていると、後にしわやたるみがひどくなる可能性があります。

 

SPF(Sun Protection Factor)

SPFとは、UV-Bをブロックする効果の強さを数字で示したもので、数字が大きいほど強力になります。

紫外線が当たりだしてから日焼けし始めるまでの時間は(個人差はありますが)およそ15~20分程度だと言われています。

このSPF30や50とかという数字は、その「日焼けし始めるまでの時間』を30倍や50倍遅らせることができる」という意味を持つのです。

 

例)「日焼けし始めるまで」が15分の人

SPF30の場合…15×30=450分(7時間半)
SPF50の場合…15×50=750分(12時間半)

 

日焼け止めはこまめに塗り直さないと、効果が減っていく」と聞きますし、7時間半とか12時間半とかというのは「本当にそんなに長時間聞くのかな?」と私はやや疑問がありますが、「ウォーキングやランニングを日常的に行う人」にとっては、やはりSPFは50、PAは++++が良いのは間違いないでしょう。

 

1年間の紫外線量の変化

ところで、

夏は太陽の光が強く、日焼けしやすいのは誰もが経験的に知っていることかと思いますが、1年間の紫外線量はどうなっているのでしょうか?

下のグラフを御覧ください。

2018年つくばのUVインデックス(気象庁HPより

「UVインデックス」とは
紫外線が人体に及ぼす影響度をわかりやすく示すために、人の肌が赤くなる(紅斑)紫外線量を指標化したもの。国内では環境省から、UVインデックスが3以上の場合はできるだけ日差しを避け、8以上の場合はできるだけ外出を控えたほうがよいといった具体的な対処方法が示されている。

グラフを見ると、特に紫外線量が多いのは5月中旬~9月上旬にかけてですが、環境省から「できるだけ日差しを避けたほうが良い」とされる、UVインデックスが3以上の月は、2月後半から始まり、11月上旬まで。

つまり、紫外線によって皮膚がダメージを受ける可能性は、ほぼ1年中であると言えます。

したがって、日常的に外でウォーキングやランニングを行う方は、常に日焼け対策に気をつける必要があるといえるでしょう。

 

ランニング時の日焼け止め

ウォータープルーフ機能のある商品を使う

日常的に屋外でウォーキングやランニングを行う場合は前述の通り、【SPF50】、【PA++++】の商品を利用すべきですが、商品によっては汗で日焼け止めが流れ落ちてしまい、効果が得られなくなってしまう場合があります。

そこで重要なのが汗に強い「ウォータープルーフ」であるかどうか。

おすすめのウォータープルーフ日焼け止めのうち、伸びやすく使いやすいジェル商品を以下にまとめました。

 

【おすすめ1位】ビオレUVアクアリッチウォータリージェル

効果 SPF50+・PA++++
容量 155ml
参考価格 1,150円~(楽天市場)
特徴 ◆SPF50+/PA++++
◆スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水試験で確認済み)
◆せっけんで落ちる
◆化粧下地にも使える
◆ホワイトミュゲのやさしい香り
◆着色料フリー

 

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリージェル SPF50+ 大容量(155mL)は、通常商品の1.7倍容量のある、特大サイズでプチプラ(楽天市場:1150円~)の日焼け止めジェルです。

全身にスルッと伸びるので、つけ心地がよく、保湿力があります。化粧下地にも使えます。

ランニング時、私も使っている日焼け止めジェルです。

 

 

【おすすめ2位】アネッサパーフェクトUVスキンケアジェル90g

効果 SPF50+・PA++++
容量 90g
参考価格(楽天市場) 1,980円~
特徴 ◆SPF50+/PA++++
◆スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水試験で確認済み)
◆せっけんで落ちる
◆顔・からだ用日焼け止め
◆スキンケア成分50%配合。
◆汗・水にふれるとさらに強くなる。

資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル(90g)は、日焼け止め商品に定評のある資生堂の日焼け止めミルクです。

【SPF50+ / PA++++】のこの商品には、「アクアブースターEX技術」というものが採用されており、汗や水に触れるとUVブロック膜が均一になり、日焼け止め効果が更に強くなります。

また、独自粉末を採用しているため、指すべりがよく、日焼け止め成分が取れにくい「耐こすれ機能」もあるので、「絶対焼けたくない」方のランニング時の日焼け止め対策にはとても心強い商品です。

そんなに強力で日焼け止めは落とせるの?」と不安に思う方もいると思いますが、石鹸でかんたんに落ちるので心配はいりません。

 

 

【おすすめ3位】KOSEスポーツビューティサンプロテクトジェル(90ml)

効果 SPF50+・PA++++
容量 90g
参考価格(楽天市場) 1,512円~
特徴 ◆SPF50+/PA++++
◆スーパーウォータープルーフ
◆アスリートによる使用テスト済み (すべての方に肌トラブルが起きないというわけではありません。)
◆せっけんで落ちる
◆顔・からだ用日焼け止め

 

スポーツ ビューティ サンプロテクト ジェル(90g)は、化粧品メーカーKOSEから発売されている日焼け止めジェルです。

こすれ・動きに強い「密着イオン技術」を搭載しており、汗をかいてもピタっとした膜がよれず、ぬるつき、べたつきのない快適な感触です。

 

 

塗り方に気をつける

ウォーキングやランニング時に必要な日焼け止め対策は、まずもちろん「顔」「腕」「脚」ですが、忘れがちなのが「首」と「頭」です。

 

「首」は直接日光が当たりやすい後ろ首はもちろん、日光が地面に反射して照り返すので、「顎の下」も忘れずに塗りましょう。

 

また、「頭」、「髪」には日焼け止めは塗りにくいですよね。

これには、「日焼け止めスプレー(UVカットスプレー)」を使うと良いでしょう。髪がベタついたり、ごわついたりするストレスの少ない、以下の商品がおすすめです。

 

【おすすめ1位】ビオレUV速乾サラサラスプレー(75g)

効果 SPF50+・PA++++
容量 75g
参考価格(楽天市場) 498円~
特徴 ◆SPF50+/PA++++
◆ウォータープルーフ
◆せっけんで落ちる
◆化粧下地としても使える
◆無着色
◆ほのかなシトラスの香り

 

ビオレ UV速乾さらさらスプレー(75g)は、参考価格498円(楽天市場最安値)という驚きの安さで購入できるプチプラ日焼け止めスプレーです。

スプレーの噴射が強すぎないので、つけすぎてベタベタすることが少なく、さわり心地はさらさら。

においもほとんど無いため、全身や頭部、顔にも使いやすいのが特徴です。

 

 

【おすすめ2位】スキンアクア ウォーターマジックUV(70g)

効果 SPF50+・PA++++
容量 70g
参考価格(楽天市場) 698円~
特徴 ◆SPF50+/PA++++
◆スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水テスト済)
◆顔・からだ用
◆水・汗はじいて、肌に密着するから濡れた肌でもタオルでふかずにそのまま使える!
◆逆さでも使える
◆石鹸で落とせる
◆無着色、アレルギーテスト済み
◆シトラスの香り

 

スキンアクア ウォーターマジックUV(70g)は、ロート製薬が販売している日焼け止めスプレーです。

【SPF50+ PA++++】は、もちろんのこと、最大のメリットは「水・汗上からそのままシュッ」と吹きかけても使える点です。

さらにスーパーウォータープルーフ(80分間の耐水テスト実施済)なので、ランニングで汗をかいた合間にタオルで身体を拭かなくても、吹きかけるだけで効果が得られます。

もちろん、ランニングだけでなく、海やプールから上がってそのまま利用したりもできます。

 

 

【おすすめ3位】KOSEサンカット パーフェクトUV スプレー ウォータープルーフ(90g)

コンパクトサイズはこちら↓

大容量サイズはこちら↓

効果 SPF50+・PA++++
容量 60g,90g
参考価格(楽天市場) 60g:587円~、90g:741円~
特徴 ◆スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水テスト済)
◆顔・からだ用
◆汗・水・擦れに強い
◆化粧下地にも使える
◆化粧の上からも使える
◆逆さでも使える
◆石鹸で落とせる
◆無着色、無香料

 

サンカット パーフェクトUV スプレー スーパーウォータープルーフ(90g)は、化粧品メーカーKOSEから発売されている日焼け止めスプレーです。

こちらも汗、水、こすれに強いUVカット効果を実現する日焼け止めスプレーで、スプレー噴射した箇所がサラッとベタつかない点でも評価の高い商品です。

価格も60gで587円~、90gで741円~とリーズナブルなのも嬉しいですね。

 

 

話題の「飲む日焼け止め」の併用について

これまで一般的には「日焼け止め」といえば「日焼け止めミルク」や「クリーム」、「ジェル」、「スプレー」などを指しましたが、最近では「飲む日焼け止め」(商品によっては「飲む日傘」と言ったりすることも…)が注目されています。

 

「日焼け止め」を「飲む」とは、どういう意味でしょうか?

紫外線に当たって肌が日焼けするとDNAが損傷して「活性酸素」が発生するのですが、「飲む日焼け止め」は、この老化の原因となる「活性酸素」の発生を内側から防ぐサプリメントなのです。

 

日焼け止めクリームなど 外側から浴びる「紫外線(UV-A,UV-B)」から地肌を守る
飲む日焼け止め 体内に生じる「活性酸素」の発生を防いで肌の老化を防止する

 

このように、「日焼け止めクリーム」などと、「飲む日焼け止め」は、「日焼け」に対するアプローチが異なるので、併用することで「日焼け」を防ぎ、肌のダメージを少なくする、より大きな効果が期待できます。

「飲む日焼け止め」商品では、以下の商品が人気があります。

 

【おすすめ1位】WHITEX 初回限定1,000円(1週間トライアル)

【初回限定69%OFF】WHITEX【送料無料】は、楽天市場の中で、ダントツで口コミ件数が多く、評価も高い「飲む日焼け止め」です。

ビタミンC、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミド、アスタキサンチン、卵殻膜などの美容成分が18種類配合されており、ゼリータイプで一日一包飲む商品です。

初回限定価格として、7日分のトライアル商品が1,000円で購入できます。

知名度、評価ともに高いWHITEXで、まずは最初の「飲む日焼け止め」を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

【おすすめ2位】STAR’S WHITE

STAR’S WHITEは、Amazon、Yahoo!ショッピングでは買えない、楽天市場のみで売られている「飲む日焼け止め」です。

2019年7月4日には、楽天ランキング第1位を獲得している人気商品で、一日に6,400個以上売れているそうです。また、口コミ評価も4.5程度の高評価です。

こちらの商品は、錠剤を一日2粒飲むスタイルで、1商品に付き、30日分の錠剤(60粒)が入っています。2,380円(税込)で購入可能です。

 

 

【おすすめ3位】SUN WHITE

サンホワイト サプリメントは、前述の2つの「飲む日焼け止め」よりも、継続的に安く購入することのできる商品で、通常価格が税別1,800円程度で入手可能です。

尚、今楽天で購入なら「梅雨明け割」として、税別1,260円になっているので、普段より30%お得です。

粒タイプのサプリメントを1日3粒飲みます。

 

 

まとめ

10代、20代のうちに「日焼けなんて別に気にしなくていいや~」と思っていても、あとからシワやたるみ、しみやそばかすができて後悔したくないですよね。

 

また、私も含め、日常的にウォーキングやランニングを行う方にとって「日焼け対策」は、単にそれらの皮膚のトラブル対策としてだけではなく、運動のパフォーマンス低下を防ぐためにも、何かしら行っておいたほうが良いと言えるでしょう。

 

外側からの日焼け止めはもちろん、「飲む日焼け止め」で体の内側からも日焼け対策をすることで、より生き生きとしたウォーキング&ランニングライフを楽しむことができそうです。

 

夏でも冬でも、元気に外で動きたいですね!

コメント