スポンサーリンク

【自宅フィットネス】LEAN BODYのメリットやお勧めレッスン、デメリットは?

オンライン

こんにちは、mana(@mana60224842)です。
皆さんは、「LEAN BODY(リーンボディ)」という名前、聞いたことありますか?

 

まだあまり馴染みがないかもしれませんが、実はこれ、最近急成長中家でできるフィットネス動画を配信するサービスなのです。

 

400本以上の動画でフィットネスができて、今なら14日無料!!

と、とてもお得なキャンペーン中なのですが、このLEAN BODYとは一体何なのか、どういう内容で、どんなメリットが有るのか、お勧めレッスンは?…など、詳しく紹介していきたいと思います。

 

★自宅でできるオンラインフィットネスまとめ記事は、こちら★

【オンライン】ヨガ・ピラティス・筋トレ・パーソナルトレーニング比較11選
こんにちは、mana(@manaspo12)です。 コロナウイルスの猛威により、フィットネスの状況も変化してきました。 これまでフィットネスといえば、スポーツクラブやヨガ施設に通うのが当たり前でしたが、新たなサービスとし...

 

スポンサーリンク

LEAN BODYとは

LEAN BODYとは、ヨガやダンス、筋力トレーニングなどのフィットネス動画を配信するサービスです。

 

PCでもスマホでもタブレットでも、どの媒体でも簡単にブラウザからLEAN BODYにアクセスすることができます。

アンドロイドアプリ版はありませんが、iOSアプリは、先日リリースされました。

LEAN BODY / リーンボディ – LEAN BODY Inc.

 

サイトにアクセスし、閲覧したいフィットネス動画を選択すれば、もうそこから今いる空間があなただけのフィットネススタジオになるのです。

 

LEAN BODY詳細はこちら↓

 

ストレッチや、ピラティス、ヨガ、ダンスや、ボクササイズ、筋力トレーニングなど、多数のフィットネス動画を閲覧し、取り組むことが出来ますが、扱っているフィットネス動画は日々、増え続けており、レッスンのマンネリ化を防いでいます。

2020年4月11日より、数年前に大ブレイクした「ビリーズブートキャンプ」の動画が配信開始となりました。
令和版の「ビリーズブートキャンプ」を今受けられるのはLEAN BODYのみ!

ぜひ無料体験で効果を実感してみましょう。

LEAN BODYの始め方

会員登録

LEAN BODYでレッスンを始めるには、以下のバナーから会員登録をします。

 

バナーをタップすると、登録画面に進みます。

1)最初の表示(メールアドレスの登録)

Facebookアカウント、または、メールアドレスを使って会員登録をします。

 

2)クレジットカード情報登録

月会費を払うためのクレジットカードの登録です。

 

診断テストに答える

会員登録が完了すると、3つの診断テストが表示されます。

 

 

 

診断テストの答えに応じて、以下の赤枠線のように、「おすすめのレッスン」を紹介してくれたりします。

これでレッスン受講の準備は完了です。

LEAN BODYの特徴

「プログラム一覧」or「検索」でレッスンが見つかる!

LEAN BODYでは、「プログラム一覧」or「検索」ページから、自分に合ったレッスンを見つけることができます。

「プログラム一覧」のページ

プログラム一覧のページでは、

チャレンジプログラム
└脂肪燃焼、お腹引き締め、肩こり改善など、気になるテーマで、7Daysや2weeksといった、まとまった日数のプログラムを自動的に選択してくれる

シリーズ別
└ダンスフィットネス、ビリーズブートキャンプ、MEGALOS暗闇エクササイズなどといった、主に5~10分程度でできるレッスンがいくつも掲載されており、時間や都合に応じて、好きなものを連続、または、細切れで行うことにより、運動の量・強度を自分でコントロールすることが出来る

から、プログラムを選択することができます。

「検索」のページ

「検索」のページでは、「ダイエット」や「肩こり」や「balletone」などと、気になるワードを検索したり、「お腹まわり」「脚」「二の腕」などの気になる部位からレッスンを見つけることができます。

 

LEAN BODYには、400種類以上ものレッスンが詰め込まれているので、上記の方法で色々触ってみると、楽しくて効果のある自分にぴったりなレッスンを見つけることができるでしょう。

LEAN BODYのメリット

【メリット①】自宅でいつでも簡単にできる

冒頭から述べていますが、LEAN BODYは、アカウントを作成してウェブサイトを開くだけで、簡単にフィットネス動画にアクセスすることができます。

 

私のオススメは、大画面でレッスンを視聴できるPCでのレッスン受講ですが、スマホやタブレットでもレッスンを受けることができます。

 

起床後やお風呂の前など、自分にあったスタイルで生活の一部にして取り入れると長く続けやすいでしょう。

 

【メリット②】必要な道具はヨガマットとスマホスタンドくらい

LEAN BODYのレッスンは、ストレッチや、ヨガ、ピラティス、ダンスや、ボクササイズ…と多岐にわたりますが、そのほとんどが、用具を必要としないか、必要としてもヨガマットのみ、という手軽さを兼ね備えています。

 

それと、もう一つ忘れちゃいけないこと。

スマホスタンドです。

パソコンの場合は自立しますが、タブレットやスマートフォンでフィットネス動画を閲覧する場合には、機器を立てて閲覧できるよう、ケースやスタンドは必要ですね。

私が見つけた安くてオススメなスタンドは、こちらです。

 

【メリット③】価格が安い

まず、最初の2週間無料は、お得であること間違いないですが、その後の月会費は980円~※(+税)となります。

※12ヶ月プラン:980円/月、6ヶ月プラン1,480円/月、1,980円/月のプランあり

この価格は安いのか?それとも高いのか?

 

他のサービスと比べてみました。

 

■フィットネスクラブ・ヨガスタジオと、LEAN BODYを比べた場合

体験料金 入会金 月会費
LEAN BODY 0円/2週間 0円 980円~1,980円+税
フィットネスクラブorヨガスタジオ 500~2,000円/1回 0~10,000円 7,000~13,000円

 

まず、フィットネスクラブとLEAN BODYを比較すると、圧倒的に安いです。

女性は特に、マシンジムよりもスタジオエクササイズを目的にジムに通う方も多いので、好きなときに好きなだけスタジオエクササイズと同等のレッスンが受けられるLEAN BODYは、圧倒的にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

 

SOELU(ソエル)LEAN BODYを比べた場合

体験料金 月会費 ライブレッスン レッスン受け放題
LEAN BODY 0円×2週間 980~1,980円+税 ×
SOELU(ソエル) ライブレッスン1回無料 980~9980円+税

提供するのはビデオ配信のみLEAN BODYに対し、SOELU(ソエル)は、ヨガやピラティスなどのレッスンをライブ配信で受けられるのが魅力です。

が、980円~で、いろんなレッスンを1日何度でも受け放題なLEAN BODYに対し、SOELU(ソエル)は、30分のライブレッスンを月に5回で3,980円~、1日2回受講できて6,980円~などと、どうしても高額になります。

どちらが良いかは好みによるとは思いますが、SOELU(ソエル)のほうが高額で、また、ビデオカメラを用意しなければならないので、手軽に始められるのはLEAN BODYだと思います。

 

LEAN BODY詳細はこちら↓

■You TubeとLEAN BODYを比べた場合

体験料金 月会費
LEAN BODY 0円×2週間 980~1,980円+税
You Tube 0円 0円

 

これをみると、LEAN BODYの最大のライバルは、無料動画を配信するyou tubeと言えるでしょうか?

安さで比べると、You Tubeに軍配があがるのは確かです。一方で、アクセシビリティや使いやすさはどうか。

これは次のメリット④の項目で詳しく述べます。

【メリット④】良質な動画にアクセスしやすい

前項目で、You TubeとLEAN BODYについて比べました。安さにおいて軍配が上がったのはYou Tube。一方で、アクセシビリティや使いやすさはどうでしょうか?

 

以下の図はYou Tubeで「ヨガ レッスン」を検索した画像です。

たくさんの動画が出てきました。

 

一方、LEAN BODYのトップページは以下のとおりです。

 

一番の違いは「まとめ方」

You Tubeは、人気のある動画が上位に来るようになっていますが、玉石混交。

「自分にピッタリ」の動画がスグには見つからない場合があります。

 

一方のLEAN BODYは、「おすすめのレッスン」「5分でできるレッスン」「10分でできるレッスン」「体幹トレーニング」・・・などと、自分の関心に応じて閲覧しやすいように動画がまとめられており、見たい動画にアクセスしやすくなっています

 

また、LEAN BODY人気のある有名インストラクターのレッスンに特化しているので、インストラクターの「質」にも違いを感じるかもしれません。

 

LEAN BODYのデメリット

さて、ここまでLEAN BODYのメリットを述べてきましたが、デメリットもあるでしょうか?

以下の項目でまとめました。

【デメリット①】自宅で受講するため、3日坊主の心配がある

LEAN BODYの最大の敵。

それは、3日坊主です。

パーソナルトレーニングジムであれば、マンツーマンで予約制。行かざるを得ません。

普通のフィットネスクラブの会員であれば、多少やる気が出なくても、行ってしまえば、トレーニングするしかありません。

しかし、LEAN BODYは自宅なので、完全に自分のモチベーションに左右されてしまいます。

 

どうすれば、無理なく継続できるでしょうか?

 

心理学的には、「今日はやろうか、やめようか、どうしようかな~~~」と考えてしまうことで脳が疲れてしまうため、それ自体が3日坊主の元のようです。

LEAN BODYに置き換えれば、

・朝起きたら必ずヨガを15分やる!迷う余地なし!

・夜、シャワーの前に筋トレする。ヨガマットも敷いてあるし考える余地なし!

という状態を作り、考える余地なく自分の生活に浸透させられれば、継続が楽になります。

そのあたりのことは、この本が参考になりました。

もしよければ、参考にしてみてくださいね。

【デメリット②】自宅にトレーニングスペースが必要

自宅でLEAN BODYをするにはどうしてもスペースが必要です。

スペースにも2つあって、

・物理的なスペース

・心理的なスペース

の2つが必要です。

 

「デメリット」と書きましたが、物理的なスペースのクリアは割と簡単で、ヨガマット1枚分のスペースさえ確保できればLEAN BODYのレッスンは受講できます。

そのあたりも気を配って作られている点がLEAN BODYは良いですね。

 

一方の心理的なスペースはやや課題です。

たとえばアパートで一人暮らしの場合、1Kアパートでもヨガマット1枚分くらいのスペース自体の確保はなんとかなるものですが、2階に住んでいる場合、ボクササイズのようなやや激しい運動は迷惑がかるかもしれません。

 

また、一人暮らしでない場合、同居している親や旦那様、お子様の理解がなければエクササイズすることが出来ません。

一人の時間にこっそりできればいいですが、そうでない場合は、きちんと話して理解して貰う必要がありますね。

 

まあでも、よほど激しく動くのでなければ数分間の運動は理解してもらえると思います。

うまく行けば一緒にヨガやエクササイズ!なんていう共通の趣味にも発展するかもしれませんね。

 

manaおすすめのレッスン

最後に、manaが実際に取り組んでみて、オススメだと思ったレッスンを紹介します。

令和版ビリーズブートキャンプ

令和版ビリーズブートキャンプは、LEAN BODYが提供するレッスンの中でもかなり人気のプログラムだと思いますが、実際私もハマりました!

 

まず、LEAN BODYのレッスンは5~10分程度のものが多く、スキマ時間を利用したエクササイズには適していますが、まとまった時間動くためには、いくつかのレッスン動画を組み合わせなければならないのが少し面倒・・・でした。

 

その点、ビリーズブートキャンプは1レッスンで30分動き続けるエクササイズ。

しかも、ビリー隊長の掛け声とレッスン構成が絶妙で、「長い」と感じることなく、楽しくて集中できるレッスンに仕上がっています。

30分まとまって動くということで、脂肪燃焼効果も高いですし、終わったあと、しっかり汗をかけて爽快なので、是非オススメしたいプログラムです。

お腹引き締め2weeks

お腹引き締め2weeksは、1レッスン15分のお腹を重点的に鍛えるエクササイズを2週間続けるプログラムです。

15分なので、スキマ時間にも取り組みやすく、レッスン内容も、ヨガ・ピラティス・筋トレと様々なジャンルのトレーニングで腹部に刺激を与えていくので、マンネリ化の心配もありません。

薄着のシーズンに重点的に取り組みたいプログラムです。

lilyの小顔マッサージ

フィットネス動画というと、筋トレやヨガ、ダンスプログラムを連想する方が多いと思いますが、こちらは、自分でできる顔マッサージの動画で、続けることによって顔の老廃物を流し、小顔を目指すプログラムになっています。

10分でできるので、結構気に入って寝る前などに行っています。

継続してキリッと引き締まったフェイスラインを目指したいものです。

まとめ

いかがでしたか?
ここまで、LEAN BODYが提供するフィットネス動画サービスについて、まとめました。

フィットネスを日常化することで、シェイプアップが見込めるだけでなく、体力が付き、生活に張りも生まれます。

ぜひ皆さんもLEAN BODYを使ったフィットネスをスタートさせてみてくださいね(^^)

 

LEAN BODYや、他のオンラインサービスを比較するなら、こちら★

【オンライン】ヨガ・ピラティス・筋トレ・パーソナルトレーニング比較11選
こんにちは、mana(@manaspo12)です。 コロナウイルスの猛威により、フィットネスの状況も変化してきました。 これまでフィットネスといえば、スポーツクラブやヨガ施設に通うのが当たり前でしたが、新たなサービスとし...

 

スポンサーリンク
オンライン
userをフォローする
スポンサーリンク
フィットネス1年生

コメント