スポンサーリンク

【BeatFit(ビートフィット)】一人トレーニングを「コーチ付きトレーニング」に変える音声アプリの使い方徹底調査!

Run&Walk

皆さんは、家やフィットネスジムで、どんなトレーニングをしていますか?

または、どういうやり方でこれから始めようとしていますか?

 

ダイエットやボディメイクをしたいけれど、パーソナルトレーニングは高額だし、一般的なフィットネスジムに通って、一人でトレーニングしてみよう、という方は多いと思います。

 

一人トレーニングのメリットは、自分のペースでメニューを組んだり、トレーニングできたりすることですが、例えばエアロバイクを漕ぐのに、やり方が掴みきれなかったり、つい妥協してしまって負荷をかけきれなかったり、トレーニング方法がマンネリ化してきてモチベーションが下がってしまったりするデメリットも考えられます。

 

※一人トレーニングのイメージ図

一人トレーニング
メリット デメリット
・自分のやり方でメニューを組める

・自分のペースでトレーニングできる

・スタジオレッスンと比べて、周囲と自分の差が気になりにくい

・やり方がわからない場合がある

・妥協してしまい、追い込みきれない時がある

・トレーニング方法のマンネリ化の心配

・刺激が少ない

 

ところが、もし、そんな一人トレーニングのそばで、やり方を教えてくれたり、

「ラスト!ここから3秒!」

「残りあと、40秒間がんばりますよ!!」

などと、マンツーマンでコーチをしてくれる人がいたら、どうでしょうか?

 

今までよりもっと頑張れそうですよね。

 

この記事では、今まで一人で行っていたトレーニングを「コーチ付きトレーニング」に変える音声アプリ「BeatFit」について、紹介します。

 

スポンサーリンク

BeatFitとは

 

BeatFitは、ランニングやバイクなどの有酸素運動から、筋力トレーニング、ヨガやストレッチに至るまで、様々な音声を通じて運動をガイドする、定額聴き放題のフィットネスアプリです。

紹介動画はこちら。

流れる音声は、例えばこのような感じです。

クロストレーナー

「さあ、きれいなフォームができましたね。
ゆっくりとスピードを落とし、気持ちよく焦げるスピードに落としていきましょう。
そうです、大きく漕ぐのを継続しながら・・・」

 

インドアバイク

「・・・ここから、更に険しい山!4分間のライド!
ワン・ツー・ワン・ツー…
では、負荷を上げながら、立ち上がりましょう!
WOW WOW WOW~~!!」

 

BeatFit 公式サイトには、サンプル音声が有るので是非視聴していただきたいです。

テンションの上がる音楽を背景に、まるで、コーチがそばで声をかけてくれているかのような雰囲気でトレーニングすることができます。

今なら30日無料で体験ができるので、まずは試しに申し込んでみると良いでしょう。

 

BeatFitのメリット、他のフィットネスサービスの違い

BeatFitは、新しいタイプのフィットネスアプリなので、

「自分にあうかどうか」

「使いこなせるかどうか」

「本当にお金を払う価値があるサービスなの?」

と不安や疑問も出てくるでしょう。

 

ここからは、BeatFit競合になりそうなサービスとBeatFitを比較してみたいと思います。

【フィットネスジムに通う】vs【BeatFit】

フィットネスジムに通うのと、BeatFitを購入するのはどちらが良いでしょうか?

 

実は私の答えは、

フィットネスジムでBeatFitを使う

です。

 

「どちらか」を選ぶのではなく「両方」を選択するのがポイント。

つまり、フィットネスジムの月会費約7,000円~+「980円」となりますが、モチベーションと運動効果UPを考えると「+980円」なら、アリだと思います。

 

BeatFitの音声は、トレッドミル(ランニングマシン)や、エアロバイク、クロストレーナーなどのフィットネスジムに置かれた器具を使うものが多数あるので、BeatFitを使いこなすためにも、フィットネスジムに通うほうが、かえってコストパフォーマンスに優れるといえるでしょう。

 

もちろん、自宅でできる自重(自分の身体の重さを利用した)筋力トレーニングやストレッチ、ヨガなどの音声も多数取り揃えられています。

【FEELCYCLEに通う】vs【BeatFit】

皆さんは、最近急成長している暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」をご存知でしょうか?

FEELCYCLEは、有酸素運動と筋トレの両方の要素を組み合わせたバイクフィットネスです。

全てのプログラムには、下半身の運動に加え、腕立て・ダンベル等、上半身を使用した全身運動が含まれており、レッスンは45分間。およそ800kcalものカロリーを消費すると言われています。

 

 

 

対するBeatFitにも、バイクエクササイズは種類豊富に揃えられています。

レッスン時間は15分程度のものから~45分程度のものまであり、自分の時間や体調に合わせて取捨選択できるのが魅力です。

BeatFitのバイクエクササイズメニュー抜粋)

 

 

また、音声による指導とはいえ、バイクの漕ぎ方を説明する動画付きなので、動きがわからない!という心配もありません。

(ポジションを説明する動画を見ることができます)

 

 

 

 

FEELCYCLEBeatFitの比較をまとめると、次のようになります。

金額は税別

FEELCYCLE BeatFit
・月会費 12,900円

・45分のエクササイズ

・インストラクターによる生の指導

・店舗が遠いと通えない

・バイクエクササイズのみ

・月会費 ジム7,000円程度~+BeatFit907円

・15分~45分程度のレッスンから選べる

・音声でポジションや動きの解説がある

・どこに住んでいても、始められる

・バイクエクササイズ以外のトレーニングも可

 

FEELCYCLEが近くに無い人、色々な運動をやってみたい人、自分のペースで運動したい人、コストを少しでも抑えたい場合には、BeatFitがおすすめです。

【LEANBODY】vs【BeatFit】

LEANBODYは、フィットネス動画配信サイト。

以下の動画のようなイメージでヨガ、筋力トレーニング、エアロビクスやダンスなどのエクササイズが見られます。

 

LEANBODYBeatFitの違いは以下のようにまとめられました。

価格は税別

FEELCYCLE BeatFit
・月会費 907円~1,833円

・5分~自分でエクササイズ時間を選べる

・音声と動画によるレッスン

・ひと目を気にせず自宅でトレーニングができる

・ウェブサイト上での閲覧(アプリなし)

・月会費 ジム7,000円程度~+BeatFit907円

・5分~自分でエクササイズ時間を選べる

・音声のみによるレッスン

・自宅はもちろん、フィットネスジムでのマシントレーニングにも使える

・アプリで視聴

 

サービスそのものの値段はLEANBODY12ヶ月契約の場合であれば税別907円で同じですが、1ヶ月単位で利用する場合はLEANBODYが1,833円(税別)なので、税別907円のBeatFitのほうがお得です。

 

また、LEANBODYは「動画」、BeatFitは「音声」という点で違いがあります。

 

トレーニングが家の中に限られる場合には、LEANBODYのほうが使いやすいかもしれませんが、ジムで有酸素マシンや筋力トレーニングマシンを利用する場合には、BeatFitが便利です。

どちらが良いかは、フィットネスを行う方のトレーニング内容によります。

有酸素運動をメインで行いたい場合には、BeatFitが断然おすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

 

BeatFitを使えば、フィットネスジム内でも、スマホを持ち歩いてこっそり自分だけのコーチと一緒にトレーニングが可能です。

 

特に有酸素マシンを使ったレッスンは、アップテンポな曲にテンションを上げながら取り組めるので、あっという間に300kcal以上消費してしまったりするのでおすすめです。

 

今なら、30日という長期間の無料体験付きなので、自分にあうかどうか、まずはアプリをダウンロードして楽しんでみてください!

コメント