今ならオンラインヨガSOELUが30日0円で利用できます!
スポンサーリンク

FASTGYM24 ファストジム24 は、気軽な24時間ジムだけどデメリットも?キャンペーン、料金と口コミ、特徴まとめ

24時間ジム

この投稿では、都内を中心に店舗数を伸ばしている24時間ジムFASTGYM24(ファストジム24)を紹介します。

 

フィットネスを始めようと思ったとき、プールやスタジオも利用できる総合ジム、安価な24時間ジムヨガ、ピラティス…と、選択肢が色々あってどれにするか迷ってしまう、という経験はありませんか?

FASTGYM24は、トレーニングに必要な器具を網羅していながら、安価で、複数店舗に通えるプランもあるので、コストパフォーマンスが良いと評判です。

以下では、そんなFASTGYM24の特徴や、料金、お得に入会できるキャンペーン情報、口コミ、他社との違いをしっかり解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

FASTGYM24の特徴

FASTGYM24は、関東(東京、千葉、埼玉、神奈川)、名古屋で店舗を増やしているマシン特化型の24時間ジムです。

マシン特化型なので、総合ジムにあるようなプールや、お風呂、スタジオレッスンはありませんが、24時間営業という気軽さ、最寄り駅から徒歩5分以内の便利さ、外履きのままトレーニングできるという手軽さが好評です。

FASTGYM24の特徴
  • マシン特化型(※)
  • 24時間営業
  • 最寄り駅から徒歩5分以内の駅チカ
  • 外履きのままトレーニングできる

※一部店舗にて、女性専用でヨガ・ピラティスのレッスン受講が可能です。

FASTGYM24の利用料金

FASTGYM24は、初回登録時に登録料・会員カード発行手数料を支払います。

初期費用(税込)
セキュリティカード発行料3,300円
登録料2,200円

会費は月会費制で、登録1店舗のみ利用する「ファストジム24会員」、24時間365日、FASTGYM24全店をいつでも利用できる「ファストジム24プラス会員」、法人会員の「コーポレートファストジム24」などの会員種別があります。

FASTGYM24の会員種別一覧(税込)
ファストジム24登録1店舗を24時間いつでも利用できる6,600~8,250円
ファストジム24プラスFASTGYM24全店をいつでも利用できる8,250円
ファストジム24ヨガ登録1店舗を24時間利用可能で、ヨガにも参加できる
(女性専用、一部店舗のみ)
9,020円
ファストジム24プラスヨガFASTGYM24全店をいつでも利用可能で、
指定店のヨガにも参加できる(女性専用、一部店舗のみ)
9,350円
コーポレートファストジム24法人会員7,150~7,560円

また、FASTGYM24では、オプションでプライベートロッカーや、水素水の利用が可能です。

FASTGYM24のオプション料金(税込)
プライベートロッカー利用料1,100円
水素水オプション1,620円

FASTGYM24の安い入会方法

FASTGYM24では、その時期ごとのキャンペーンによって、上で述べた利用料金より、安い価格で入会、利用することができます。

方法1)2021年4月の入会キャンペーン

2021年4月【〆切4/30】は、「スタートダッシュを応援キャンペーン」を実施しています。

【特典1】登録料(税込2,200円)→ 0円

【特典2】4月分月会費→ 税込1,980円
※5日毎の日割り計算

【特典3】5月分月会費→ 税込1,980円

【特典4】水素水オプション登録料(税込1,100円)→ 0円

【特典5】水素水オプション月会費(税込1,620円×3月・4月分)→ 0円

しかもこの特典には、「◯月まで在籍しなければならない」という在籍要件がないので、極端な話、「自分に合わないな」と思ったらすぐに辞めることも可能です。

これなら、ロングスパンの体験のつもりで、気軽に入会することができますよね。

(※2021年1月以降にFASTGYM24(他店を含む)の退会された方の再入会は特典の対象外です。)

方法2)ライバル割

2人以上で同時に入会すると1ヶ月の月会費が税込3,300円割引」というキャンペーンです。

家族や友達など、一緒に頑張る仲間がいると、モチベーションも上がりますね。

方法3)のりかえ割

他社スポーツクラブからの乗り換えで、さらに、1ヶ月の月会費が税込3,300円割引」というキャンペーンです。

「今通っているジムが混雑していて使いづらい」
「器具が物足りない」
などという場合に、通うジムを変えることで、気分一新、頑張れるかもしれませんね。

口コミ情報

悪い口コミ

閉店20時間際が混んでいる
普段と比べて人口密度が高い
緊急事態宣言対応の割引に対して不満
駐車場がない
マシンが少ない

良い口コミ

器具が使いやすい

一人で黙々とトレーニングができる
土足、手ぶらで通えるのが良い
狭いけどある程度のマシンがあって、バーベルトレーニングもできる

口コミ情報まとめ

もともとFASTGYM24は、24時間営業で空いている時間も多く、マシンの種類も豊富なので、使いたいマシンが利用しやすかったり、集中しやすい環境が整っている点が好評です。

ただし現在は、コロナウイルス感染症対策で時短営業や月会費割引などの施策に不満が集まっている様子が伺えます。

今は特別な事態で、ジム側も会員側も混乱している部分がありますが、緊急事態宣言が終わり、ワクチンの普及など、一定のコロナウイルス対策が進めば状況は変わっていくと思われます。

また、「駐車場がない」という口コミもありましたが、FASTGYM24は駅チカという特徴と引き換えに基本的に駐車場は整備されていないのには留意が必要です。

エニタイムフィットネスや、ジョイフィット24との違い

ここまで、FASTGYM24の特徴を詳しく見てきましたが、他の24時間ジムと比較した際、どのような違いがあるのでしょうか。

違いを以下の表にまとめたので御覧ください。

FASTGYM24エニタイムフィットネスジョイフィット24
料金6,600~8,250円約6,500~9,500円約7,600~9,800円
特徴1店舗のみプランまたは、
全店利用可能プランを選べる
全店舗利用し放題1店舗のみプランまたは、
全店利用可能プランを選べる
店舗のあるエリア関東、名古屋全国各地関東、近畿中心に全国各地
無料鍵付きロッカーありなし(鍵なしロッカー有)あり
有料プライベート
ロッカー
あり(1,100円)あり(料金は店舗による)あり(1,080円)
オリエンテーションなしあり(無料)あり(無料)
メニュー作成有料有料無料
土足利用OKOK(一部店舗不可OK
パーソナルトレーニング(有料)一部店舗あり一部店舗あり一部店舗あり

FASTGYM24のメリット

FASTGYM24と他社を比べた場合のメリットとして、普段利用できる無料の鍵付きロッカーがあることが挙げられます。やはり、ロッカーは鍵付きのほうが、セキュリティ上安心ですよね。

 

また、FASTGYM24は、エニタイムフィットネスや、ジョイフィット24と比べると、店舗エリアが南関東と名古屋に偏っています。

これをメリットと見るか、デメリットと見るか…ですが、「他の地域で利用できない」という点からするとデメリットなのですが、例えば東京ならば、東京内での店舗数がめちゃくちゃ多いので、「自分の生活圏内で自由にジムを行き来できる」と考えると、利用できる店舗がいくつもあるのは結構メリットなんじゃないかな?と思います。

  

もう一つ、FASTGYM24が他の24時間ジムと異なる点があります。FASTGYM24は、総合ジム・ティップネスの系列店なのですが、ティップネスの会員価格に500円プラスすることで、ティップネスとFASTGYM24の両方を利用できるという「FG24 Plus」という会員種を選ぶことができるのです。

▷レギュラーFG24Plus(税込)
利用可能店舗: ティップネス登録店舗 + 関東エリアのFASTGYM24全店
月会費: 各店レギュラー会員価格+550円

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000009907.html

これによって、他施設にはない自由なフィットネススタイルが実現できますね。

申込みはFASTGYM24ではなく、ティップネスの店舗で行うので、利用したい方は、最寄りのティップネスで手続きをすると良いでしょう。

また、冒頭でも紹介しましたが、土足(外履き)のまま、トレーニングができる点もメリットと言えますね。

エニタイムフィットネスやジョイフィット24も土足利用可能ですが、いわゆる総合ジム、総合スポーツクラブと呼ばれる大型施設などは、内履きに履き替えなければならない施設もまだまだ多いです。

サッと利用してサッとシャワーを浴びて、サッと帰れる。

24時間ジムならではの気軽さですね。

FASTGYM24のメリット
  • 鍵付きロッカーでセキュリティが安心
  • 東京・埼玉・千葉・神奈川・名古屋に施設が多く、自由に好きな店舗を利用できる
  • ティップネスとFASTGYM24を相互利用できるプランが有る
  • 土足(外履き)のまま、気軽に利用できる

FASTGYM24のデメリット

色々メリットのあるFASTGYM24ですが、デメリットもあります。

まず、メリットの項目で少し触れたように、利用可能エリアが限定的(現時点で関東・名古屋のみ)であることが挙げられます。

FASTGYM24に通ってみたくてもそもそも近くに施設がないので入会できないパターンですね。これは仕方がないので、別のジムを選ぶしか無いです。

 

また、エニタイムフィットネスやジョイフィット24との比較表からも分かる通り、FASTGYM24では、無料のトレーニングメニュー作成や、器具の使い方を詳しくレクチャーするオリエンテーションを実施していません

したがって、ある程度トレーニングについてわかっている方は、店員とのコミュニケーションの煩わしさがないという点がメリットとなるかもしれませんが、初めてのトレーニングジムがFASTGYM24だと、わからないことがあっても誰にも聞けず、戸惑って長続きしない、なんて場合もあるかもしれません。

 

対策としては、わからないことが出てきた場合にはFASTGYM24でオプション料金を支払うことで利用できるパーソナルトレーニングを利用してみる方法が挙げられます。

FASTGYM24では、①運動が初めて・久しぶりの方から、②運動になれた方・目標が明確な方まで、目的に合わせたパーソナルトレーニングメニューを選択し、トレーニング指導を受けることが可能です。

初回トレーニングは、60分3,850円(税込)から利用できるので、まずは、下記の方法で問い合わせてみると良いでしょう。

FASTGYM24のパーソナルトレーニングについての詳しい情報は、下記のウェブページをご参照ください。
http://fastgym24.jp/files/download?id=d64ca0528fcafe4e252930c12450324b

FASTGYM24のデメリット
  • 利用可能エリアが限定的
  • 無料のトレーニングメニュー作成や、オリエンテーションが無い
  • ただし、その分、必要に応じてパーソナルトレーニング(有料)を受講可能

まとめ

いかがでしたか?

FASTGYM24は、関東や名古屋の人にとっては便利で気軽な24時間ジムであることがわかりましたね。

無料サポートは少ないですが、オプションでパーソナルトレーニングをつけたり、ティップネスも利用できるプランが有る(ティップネスで手続き必要)のは嬉しいポイントです。

 

今なら格安で利用開始できて、「◯ヶ月以上在籍しなければならない」という在籍要件もないので、まずは試しに入会してみると良いでしょう。

この記事を書いた人
mana

新しいフィットネス施設やサービスを紹介するのが得意な健康運動指導士。四年制大学体育学部卒。在学中~卒業後フィットネスクラブ勤務にて、子供から大人まで、様々な体操指導・トレーニング指導を経験。数回に渡り体操教室の新規立ち上げもしています。
趣味はマラソン、登山、旅行、読書。カープの隠れファン。

manaをフォローする
スポンサーリンク
24時間ジム
manaをフォローする
スポンサーリンク
フィットネス1年生

コメント