【予算別】パーソナルジムの料金相場と失敗しない選び方

【2024年2月】Bodies(ボディーズ)の料金キャンペーン8選で割引して体験・入会する方法

ジム

※当記事はPRを含みます。

この投稿では、「ABC Cooking Studio」から生まれた女性専用フィットネスジム「Bodies(ボディーズ)」の料金をできるだけ安く割引して体験・入会する方法を紹介します。

スポンサーリンク

安い利用方法1)2月1日~2月29日限定の体験無料を利用する

Bodies(ボディーズ)は現在、体験料無料の「お試しレッスン」を開催しており、「1回の無料体験(30分のサーキットトレーニング+ゲルマニウム温浴」が通常1500円⇒今月は0円です。

★「おためしレッスン」の雰囲気は、こちら↓

こちらのリンクからBodies(ボディーズ)公式サイトへアクセスすると以下のページにて、画面の右上に「無料体験予約FREE」というボタンがあります。これをタップし、体験予約に進みましょう。

Bodies(ボディーズ)を体験する

安い利用方法2)【〆切2月29日】限定の入会キャンペーンを利用する

現在は、「〆切 2月29日」で、以下の入会キャンペーンを実施しています。

  • 入会金 通常6,600円 → 3,300円(半額!)
  • 月会費1ヶ月分 → 0円  または
  • 年会費 3か月分0円

まずは、体験に参加し、お得な入会キャンペーンを利用しましょう!

Bodies(ボディーズ)を体験する

安い利用方法3)直接WEB入会する

Bodies(ボディーズ)の体験を受けずに直接WEB入会すると、

入会金通常6,600円 → 0円

になります。

安い利用方法4)のりかえ割を利用する

→今月はのりかえ割はありません。

過去実施していたのりかえ割の内容

他のジムに通っていて、ジムをBodies(ボディーズ)にのりかえる場合、

  • 月会費 通常価格5,970円 → 3,900円/月!
  • 年会費 通常価格59,700円 → 39,000円(通常の7ヶ月分で12ヶ月通える)

Bodies(ボディーズ)を体験する

安い利用方法5)16~23歳が安いUnder23を利用する

→今月実施はありません。

安い利用方法6)「トク買い」や「みんなの優待」を利用する

fitちゃん
fitちゃん

「トク買」「みんなの優待」って何?

mana
mana

330円(トク買い)または490円(みんなの優待)の月会費を払うことで、会員限定の特別割引や特典サービスを利用できるサービスです。


映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地・フィットネスなど、全国120万件以上の優待特典が会員限定価格で使い放題。 優待特典は家族も一緒に使えます。

初月0円なので、Bodiesの特典だけ受け取って、すぐに解約するのもOKです!

Bodies(ボディーズ)を体験する

安い利用方法7)EPOSカード(エポスカード)特典を利用する

エポスカードを作成すると、会計時にエポスカードを提示するだけで(別途会費を払うことなく)、様々な特典が得られる場合があります。

Bodies(ボディーズ)を体験する

安い利用方法8)【会員限定】会員サイトMy Bodies掲載のクーポンを使う

Bodiesスタジオ会員限定サイト「My Bodies」では、時期によって、お得なクーポンを配信している場合があります。

以上のように、Bodies(ボディーズ)には、様々なキャンペーンや割引クーポンがあります。まずは体験してみましょう。

Bodies(ボディーズ)を体験する

料金プラン(体験&入会後の月会費)

入会、割引キャンペーン終了後の月会費は、以下のとおりです。

プラン月会費(月払い)年会費
(月払いと比べて実質2か月無料)
マスター
・サーキットトレーニング
・ゲルマニウム温浴
・レンタルシューズ
11,470~13,470円114,700円~134,700円
ゲルマニウム温浴付き
・サーキットトレーニング
・ゲルマニウム温浴
9,970~11,970円99,700~119,700円
シューズ付き
・サーキットトレーニング
・レンタルシューズ
5,470~7,470円54,700~74,700円
レギュラー
・サーキットトレーニング
3,970~5,970円39,700~59,700円

※終日利用可、日中、午後、夜&休日で、料金が変わります。

※ゲルマニウム温浴のみのプランもあります。

まとめ:Bodiesの割引方法。まずは1週間体験してみよう!

いかがでしたか?

Bodies(ボディーズ)は工夫次第で会費を安くしつつ効果的な運動を継続することができます。

カーブスと比べ、年齢層が若くおしゃれさも兼ね備えています。

カーブスとの比較記事はこちら↓

この投稿を参考に、お得にBodies(ボディーズ)を利用しましょう!

この記事を書いた人

新しいフィットネス施設やサービスを紹介するのが得意な健康運動指導士。筑波大学体育専門学群卒。運動経験は、陸上部→市民マラソンランナーなので、筋トレは元々苦手ですが、最近はオンラインフィットネスでトレーニングを継続中。(トレーニング記録はTwitter参照)
運動指導経験もありますが、初心者としての目線も持つので、両方の立場で記事を執筆中。
趣味はマラソン、登山、旅行、読書。カープの隠れファン。

manaをフォローする
スポンサーリンク

ジム
フィットネス1年生

コメント